majime - note
青松 基のブログ。デザイン・アート・日常のことなどとりとめなく書き綴っています。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勝たず負けざる引き分けざる
2010年 02月 24日 (水) 01:40 | 編集
『インビクタス(負けざる者達)』を観てきました。

http://wwws.warnerbros.co.jp/invictus/

僕の生活の中から、「戦い」が消えていっている気がする。
徐々に、じわじわと。もっと具体的に言えば、
戦う前から負けている、ということがある。よくある。
これはどういうことだろう。これもインビクタス?
とはちょっと違う、気がする。

映画の中でマンデラは、戦って、勝つために、
そこに対してまっすぐに、手を尽くす。
周囲からは一見おかしな、道義に反することでも、
彼の道義からみれば、それはまっすぐなのだ。
レインボーカントリー(?だったっけ?)にまっしぐら。

仕事に置き換えると、道義は利益に置き換えられて、
正面から戦って勝つことより、
三国志の策士よろしく、戦う前から勝つことを考える。
どう考えたってそのほうが省エネだし、文字通りエコだし。
あ、エコって結局、利益率向上っていう
資本主義に回収されつつ広がってる感があるけど、
そもそもそれでいいんだっけか?

いやいやそうじゃなく、
だから日常的に「戦い」の場を見ることがほんとに少なくなった。
僕は一見静かで無愛想で人見知りに見えるんだけど、
ていうかそうなんだけど、意外と怒りっぽく、
いや意外だと思ってるのはお前だけだぞというつっこみは
そっとかわすことにして、
その怒りをとにかく抑えて抑えていくことで仕事を回している感が、
自分の中だけではある。いや、大人になれよ、と。

で、この映画を見て、いや、まてよ、
感情を先回り先回りして抑えに抑えて着地した仕事より、
すったもんだ丁々発止七転八倒死屍累々の果てに
ごろっと転がり出るような、そんな仕事も、
ほんとうのほんとうには、悪くない、というかベスト、
な気がする、とちょっぴり思ってしまったのです。

うまーくうまーく先回りして、
しっかり自分の思った通りに相手をコントロールしきって、
もうその相手もコントロールされてることに気づきすらしなくて、
お互い「ありがとうございました!」って終わるより、
ぶつかり合ってやりあって、
そのあげくになんとかお互いの接点を探し当てて、
「ま、お互い色々あったしお前のことも気に食わないけど、
 結局いいもんできたね、よかったじゃん。」
って終わるほうが、なんか幸せ。な気がするのです。
これはもちろん、「いいもん」ができることが前提、ですが。

いやいやそんなんじゃやってけるわけねーよばかじゃねーのめんどくせーと、
もちろん僕だって思ってないわけじゃないんだけど、
どっかしらに、素直に進みすぎることへの「物足りなさ」みたいなものを
感じることは実際あるのでした。


ってことで、全く映画の説明なし!
しかも主題からもだだズレ!
でも良い映画でした!おわり。
深夜のガツンで眠れない
2010年 02月 16日 (火) 02:51 | 編集
毎日毎日、この街のどこかの、無数の暗がりの中で、
僕の頭の全く外から湧いて出てくるストーリーが、
入れ替わり立ち代わりスクリーンに映し出されてる、
それを想像するだけで、僕がなんでこんな時間に、
自宅の家の小さなモニターで、
くだらない映画を見てるのかなんて疑問は吹き飛ぶ。



僕のニューヨークライフ僕のニューヨークライフ
(2007/07/06)
クリスティーナ・リッチ/ジェイソン・ビックス



ファニーゲームU.S.A.ファニーゲームU.S.A.
(2009/06/26)
ナオミ・ワッツ/ティム・ロス


デス・プルーフ プレミアム・エディション [DVD]デス・プルーフ
(2008/02/22)
クエンティン・タランティーノ/ヴァネッサ・フェルリト


ほえる犬は噛まない [DVD]ほえる犬は噛まない
(2004/05/02)
ペ・ドゥナ/イ・ソンジェ



今年のベスト映画が続々と!って感じに最近当たってる。
んーでもファニーゲームはあまりお勧めしません。
好きなわけじゃない、ただ「すごい」。見た後の後味の悪さたるやもう。
これを読んだから見たんだぞどうしてくれるんだこの気持ちとか
言われても責任取れません。
ホラー&スプラッター好きが見るべきじゃないし、
かといってハリウッドラブな純映画好きも見るべきじゃない。
じゃあ誰が見るべきかって言うと、
中途半端に色々見すぎて最近今イチ映画とか見る気にならないんだよね
そろそろ趣味の項目から「映画」ははずそうとか思ってる
僕みたいな中途半端映画オタク(ですらない)が見て
ドッヂダンペイ並にのけぞってショックを受けるのがちょうどいい。
要は最近映画つまんねーなって言う人。

これだから映画はやめられません。



話は変わって最近勉強したくなってきました。
数Aからまずははじめようかな。夢は微分積分です。
なにをいいたかったのかはわかりませんが
2010年 02月 05日 (金) 01:40 | 編集
中指と人差し指の間のくぼみに入っている数本のシワを、
人中線(いや、知らないけど)と名付けてみる。
これについて、
何本入っているかがその人の人生の何かと
強い影響関係を持っていることが見つけ出せたとしたら、
もしかしたら僕は占い師になれるかもしれない。
みんなが思ってもみないところに名前を付けて、
そこだけについてああだこうだ考え抜いて先鋭化して、
そこに仕事を(ビジネスを)見出して競争する、
という視点で世の中を見ると、
ある仕事についてどんな大層な講釈をされても、
大したことないような気がしてくる。

「デザイン」という言葉だって、あたかもデザイナーがいないと
「デザインされていない」ような言い方をされるけれど、
本来なら既にデザイン「されている」状態を見て初めて
認識できる概念がデザインであって、デザイナーがいようがいまいが、
デザインされてないものなんて世の中にはない。

こんな醒めてたら仕事になんないような気もするが、
それが案外そうでもない。
世の中には日本に生息するミミズの生態の研究に一生を捧げる人もいるらしい。
それは、僕にとっては全くどうでもいいことだけれど、
本人にとっては、恐らく、楽しくてたまらないのだ。
一生を捧げることができるほど。それは本当にすごいことだと思う。
そういうものを見つける幸福感が、人を幸せにする気がする。

僕はデザインという遊びといつまで付き合えるだろう。
それとももっと面白い「遊び」が、どこかに待ってるんだろうか。
そのことを考えると、ドキドキして眠れなくなる。



自分のつくったものを、人が見ることを想像する。
自分に置き換えて、考えてみる。
常に、自分とその人との感覚をチューニングする。




昨日の大竹伸朗の風呂の影響がまだぼんやり。
やっぱり僕にとっては一番衝撃的な作家だったんだなぁ。
あんな人間になりたい。
いいもん見た!
2010年 02月 04日 (木) 03:35 | 編集
大竹伸朗のドキュメンタリを見ている。すごい。いちいちすごい。
いや、ナレーションが麻生久美子だってこともほっとけないわけだけどそれはさておき、
何か名言を拾おう拾おうとする番組の構成にどうかと思うのもさておき、やっぱりすごい。

勝手気ままに作っているようで、
いや実際そうなんだが、そこに職人を巻き込んで、理不尽を理不尽のまま押し付けながら、
それでも想うままを創り出してしまうのはもう、創造力という他ないし、
自分がこの立場に立たされたらと想像すると、もの凄い精神力だと思う。

コンセプトはないと、豪語する姿にはっきりと説得力を感じてしまうのは、
批判も賞賛も全てを背負う気概を、その姿に感じ取るからだろう。
人に受けたアドバイスを採用して良かったことは一回もないと言い切るには、
開き直りとは全く違う、全ての責任を自分で背負うという、
表現に対する最も真摯な態度がある。

あーまた本読もっかな。絵も描こう。
あと生きてるあいだには、絶対に、あの銭湯にいこう。
ふつうの日記
2010年 01月 28日 (木) 02:05 | 編集
いまさらですが。

あけましておめでとうございます。


年があけてから1回も更新せず。
年始ってなんだかんだいろいろ振り返ったり
心新たにしたりして書くこともいろいろありそうなもんだけど、
案外特に、というか頭がまとまらず、ここまでほったらかしでした。

年末最後のブログで表現だなんだと熱く話している自分も、
年が明けたらうってかわって、
毎晩寝る前にアメコミを読みふける引きこもり男と化しているのが
なんとも不思議だなぁという思い。

会社の引っ越しやら友達数名の立て続けの結婚やら、
でもって担当の雑誌がまたもや休刊という、
なんともいろいろありすぎてこりゃぁ頭の中もまとまらないわけです。
自分の引っ越しなんてしてる場合じゃなし。
読んでない雑誌は毎週2~3冊ペースでたまっていく一方、
読むペースは全く追いつかずと言う感じで、
なんだかこの生活自体をまず見直すべし!というのが今年1番の抱負です。

今年に入って映画館で既に4本見てる自分。。。
「アバター」
「インフォーマント」
「サロゲート」
「ヤマト:復活編」
上から順におすすめなわけですが、
上2作は字幕ではなく吹き替えがどうやらよさそうな気がしてます。
今年はDVD・劇場含めて、年100本を目標!

最近の気になる主題は意識と身体。
アバターもサロゲートも基本ここから発してるし、
ある意味ネット社会をサイバー的に描写する時代はもう終わってて、
それが当たり前になったときに起こりうる何か、が気になる、というか
そういうのが色んな物語に変奏的に織り込まれてる、ような気がする。


んーやっぱりまとまってないなぁ。
今は毎日少しずつ家のゴミを捨ててなんとか部屋を広く・・・


今日はここまで。
copyright (C) majime - note all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。