majime - note
青松 基のブログ。デザイン・アート・日常のことなどとりとめなく書き綴っています。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デザインチャンネラー
2010年 03月 22日 (月) 02:49 | 編集
You Tubeのデザインチャンネルにはまってしまった。

デザインやってる人間に必要なのは、
強引さと緻密さ、なんじゃないかなぁと。
伊藤豊雄さんの講義を見ていて、
建築素人としてふと思ってしまった。

ぱっとみ「そりゃいくらなんでも強引でしょ!」って発想を、
きちんと緻密なスタディーを踏んで、
現実にきちんと着地させてしまうことで、
それなりの説得力をもった成果物が出来上がっている。
これを建築でやってのけてるところは恐らくもの凄いことなんじゃないか。

建築に比べてグラフィックデザインは、
結果に対する評価の仕方が全く違っていて、
そこに住まう(使用する)人間に直接実生活面で作用する点で、
グラフィックよりも「シビアである」と、
思われているんではないか。これはデザイナーも含めて。

それゆえ建築は最終的にカタチになるまでのプロセスが
グラフィックに比べて格段に複雑なはずで、
そこを耐えしのげるだけの説得力は弁が立つとか
そういった小手先のこと以上に相当な緻密さを必要とするはず。
(少なくとも伊藤さんは「非常に」弁が立つとは言い難そうだし)
それができてしまっているのはただのアイデア一発ではなく、
その一発のアイデアをどこまで突き詰めて考えているか、
に懸かってくるはずで、
それはやっぱりグラフィックデザインやるにも見習うべきことなんじゃないかと。

「なんかいい」の「なんでいい」かを、
抽象的でもいいから言語化してコミュニケートする力って、
やっぱり必要ですよって、言われた気がしたこの講義。

この年でこの斬新な発想力。
めざせグラフィックデザイン界の伊藤豊雄!


http://www.youtube.com/watch?v=AkiAjzdeDJ8
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) majime - note all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。