majime - note
青松 基のブログ。デザイン・アート・日常のことなどとりとめなく書き綴っています。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【蔵書メモ】について
2009年 01月 17日 (土) 21:37 | 編集
自分の持っている本を公表するというより、
自分で自分の本を整理していくことで、
自分の頭の中も整理したい、ということで、
かねてからどうやるか考えていたんだけど、
とりあえずやりはじめてみることにする。

ジャンルで分けたのはまず整理の便宜上だけど、
できれば中身の関係性を見つけ出せるようなカタチにしたい。

これは「浦安図書館にできること」を読んで
興味を持ち始めたことだけど、
本と本(情報と情報)の関係づけとか、
図書館での本の体系付けってどうなってるんだろうとか、
本そのものではなくて、
既存の本をどう扱うのかにも興味が出てきて。
自分だったらどうするだろうとか。

借りたい本とかあったらメールください。
知り合いであればですけど、
どの本でもお貸ししますよ。
スポンサーサイト
【蔵書メモ】design
2009年 01月 17日 (土) 20:57 | 編集
■design

・タイポグラフィ・トゥデイ
 ヘルムート シュミット
・原研哉のデザイン (アイデア・アーカイブ)
 アイデア編集部
・古田織部の茶道 (講談社学術文庫)
 桑田 忠親
・欧文書体―その背景と使い方 (新デザインガイド)
 小林 章
・欧文書体 2 定番書体と演出法 (タイポグラフィの基本BOOK)
 小林 章
・CLEAR in the FOG 中島英樹作品集
 中島 英樹
・東京の編集
 菅付 雅信
・日本語組版の考え方
 向井 裕一
・欧文書体百花事典
 組版工学研究会
・ふたりのチヒョルト―イワンとヤン
 片塩 二朗
・Jan Tschichold: A Life in Typography
 Ruari McLean
・エル・リシツキー―構成者のヴィジョン
 寺山 祐策
・文字の組方ルールブック―タテ組編
 日本エデイタースクール
・魅せるデザイン、語るレイアウト。―プロの実例から学ぶエディトリアルデザインの基礎
 アレフゼロ
・和文電子活字綜合見本帳
・本づくり大全―文字・レイアウト・造本・紙 (新デザインガイド)
 デザインの現場編集部
・編集デザインの教科書
 日経デザイン
・茶の本 (岩波文庫)
 岡倉 覚三
・眼の冒険 デザインの道具箱
 松田 行正
・円と四角
 松田 行正
・円盤物語
 松田 行正
・デザインのデザイン
 原 研哉
・Balance in Design 美しくみせるデザインの原則
 Kimberly Elam
・The New Typography: A Handbook for Modern Designers (Weimar & Now: German Cultural Criticism)
 Jan Tschichold
・陰翳礼讃 (中公文庫)
 谷崎 潤一郎
・日本語のデザイン (新デザインガイド)
 永原 康史
・graphic design―視覚伝達デザイン基礎
 新島 実
【蔵書メモ】art/architect/photography
2009年 01月 17日 (土) 20:53 | 編集
■art

・人間は瞬間瞬間に、いのちを捨てるために生きている。
 岡本 太郎
・レイアウトの法則―アートとアフォーダンス
 佐々木 正人
・反解釈 (ちくま学芸文庫)
 スーザン ソンタグ
・skmt坂本龍一
 後藤 繁雄
・Skmt2
 坂本 龍一
・新しい星へ旅をするために
 後藤 繁雄
・スーザン・ソンタグから始まる/ラディカルな意志の彼方へ (アート新書アルテ)
 京都造形芸術大学RCES芸術編集研究センター
・超芸術トマソン (ちくま文庫)
 赤瀬川 原平
・美術手帖 2007年 07月号 [雑誌]
・体の中の美術館―EYE,BRAIN,and BODY
 布施 英利


■architect

・S,M,L,Xl
 Rem Koolhaas
・錯乱のニューヨーク (ちくま学芸文庫)
 レム コールハース
・WHAT IS OMA―レム・コールハースとOMAについての考察
 ヴェロニク パテヴ
・新スケープ―都市の異風景
 中央アーキ
・天下無双の建築学入門 (ちくま新書)
 藤森 照信


■photography

・いま生きているという冒険 (よりみちパン!セ)
 石川 直樹
・POLAR ポーラー
 石川 直樹
・東京装置
 小林 紀晴
・チベット放浪
 藤原 新也
・メメント・モリ
 藤原 新也
・なにも願わない手を合わせる (文春文庫)
 藤原 新也
・渋谷
 藤原 新也
・黄泉の犬
 藤原 新也
・全東洋街道 下 (2) (集英社文庫 153B)
 藤原 新也
・藤原悪魔
 藤原 新也
・東京漂流 (朝日文芸文庫)
 藤原 新也
・インド放浪 (朝日選書 205)
 藤原 新也
・丸亀日記 (朝日文芸文庫)
 藤原 新也
・アメリカ
 藤原新也
・乳の海 (朝日文芸文庫)
 藤原 新也
memo | - | - |
まずはやってみたい
2008年 07月 07日 (月) 00:47 | 編集
●富士山にのぼる(中腹で一泊してご来光を見る)

●東海道を徒歩か自転車で端から端まで行ってみる
(東海道五十三次20XX)

●四国お遍路巡り(できれば30歳までに)

●サマソニ以外のフェス全制覇
(ロッキンオン、フジロック、ライジングサン、レゲエ祭、ブリティッシュアンセムズ、わーとにかくいろいろ)

●手作り将棋駒(もちろん木製、できれば折り畳める盤)

●山の手線自転車一周

●寄席、会場から閉場まで一日中居座る

●自作紙媒体

●ピンホールカメラ写真集
(なぜならもらったから)

●手作りラーメン(もちろん麺、スープも。魚介系醤油がいい)



ああ、散漫な僕の頭の中・・・
ウェブと雑誌について
2008年 07月 07日 (月) 00:34 | 編集
ウェブがコンテンツ同士を検索という手法である種自動的に関係づけ、編集の意味を根本的に変えてしまった、というようなことを大学の後輩と話していた。こんな難しい言い回しはしていなかったんだけど。今ある、いわゆる定期刊行される雑誌とウェブの似ているところと違うところがどこにあるのか。
copyright (C) majime - note all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。