majime - note
青松 基のブログ。デザイン・アート・日常のことなどとりとめなく書き綴っています。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勝たず負けざる引き分けざる
2010年 02月 24日 (水) 01:40 | 編集
『インビクタス(負けざる者達)』を観てきました。

http://wwws.warnerbros.co.jp/invictus/

僕の生活の中から、「戦い」が消えていっている気がする。
徐々に、じわじわと。もっと具体的に言えば、
戦う前から負けている、ということがある。よくある。
これはどういうことだろう。これもインビクタス?
とはちょっと違う、気がする。

映画の中でマンデラは、戦って、勝つために、
そこに対してまっすぐに、手を尽くす。
周囲からは一見おかしな、道義に反することでも、
彼の道義からみれば、それはまっすぐなのだ。
レインボーカントリー(?だったっけ?)にまっしぐら。

仕事に置き換えると、道義は利益に置き換えられて、
正面から戦って勝つことより、
三国志の策士よろしく、戦う前から勝つことを考える。
どう考えたってそのほうが省エネだし、文字通りエコだし。
あ、エコって結局、利益率向上っていう
資本主義に回収されつつ広がってる感があるけど、
そもそもそれでいいんだっけか?

いやいやそうじゃなく、
だから日常的に「戦い」の場を見ることがほんとに少なくなった。
僕は一見静かで無愛想で人見知りに見えるんだけど、
ていうかそうなんだけど、意外と怒りっぽく、
いや意外だと思ってるのはお前だけだぞというつっこみは
そっとかわすことにして、
その怒りをとにかく抑えて抑えていくことで仕事を回している感が、
自分の中だけではある。いや、大人になれよ、と。

で、この映画を見て、いや、まてよ、
感情を先回り先回りして抑えに抑えて着地した仕事より、
すったもんだ丁々発止七転八倒死屍累々の果てに
ごろっと転がり出るような、そんな仕事も、
ほんとうのほんとうには、悪くない、というかベスト、
な気がする、とちょっぴり思ってしまったのです。

うまーくうまーく先回りして、
しっかり自分の思った通りに相手をコントロールしきって、
もうその相手もコントロールされてることに気づきすらしなくて、
お互い「ありがとうございました!」って終わるより、
ぶつかり合ってやりあって、
そのあげくになんとかお互いの接点を探し当てて、
「ま、お互い色々あったしお前のことも気に食わないけど、
 結局いいもんできたね、よかったじゃん。」
って終わるほうが、なんか幸せ。な気がするのです。
これはもちろん、「いいもん」ができることが前提、ですが。

いやいやそんなんじゃやってけるわけねーよばかじゃねーのめんどくせーと、
もちろん僕だって思ってないわけじゃないんだけど、
どっかしらに、素直に進みすぎることへの「物足りなさ」みたいなものを
感じることは実際あるのでした。


ってことで、全く映画の説明なし!
しかも主題からもだだズレ!
でも良い映画でした!おわり。
スポンサーサイト
代休が3日もあって、おもいついたことをやってみる
2009年 09月 28日 (月) 22:45 | 編集
なんだかだらだらと長い休みを成り行き上とってしまって、
旅行に行く計画もとくに立ててなかったので、
自宅で何かやってみようと思って今、絵を描いてみている。

とくに何の課題でもなく、自分に向かった絵を描くのは
本当に久しぶりだ。高校の授業以来とか?
美大に通ってたのにね。デザイン科だったし、
大学に入ると逆に、そういう自由な創作の時間を
自分で作らなくなってしまうのが現実だった。

で、何の絵を描こうかと思って、
まぁ色々小難しいことをぐるぐる考えたあげく、
ここはシンプルに「顔」ということにしよう、と。

特に意味も何にもないんだけど、
「いや、この絵のコンセプトはですね・・・」
と延々説明できるような絵じゃなく、
描きながらその都度、生成されるものを見て次の筆を次ぐ、ような、
そういう「成り行き」な気持ちで進んでいけそうなのが
なんとなく「顔」だったということで。
特にだれの顔というわけでもないんだけど、
なんとなく自分の顔に今は近くなっているような。

今とりあえず乾かしているんだけど、
なんかサクサク描けなくてもどかしい。
アクリルガッシュだからまぁ乾燥しやすいはずだけど。


何かを細密に写すわけではない、と自分では思っているので、
その場合、眼前に現れる某かに常にビビッドに反応して
いかないといけない。完成形が見えていたら僕にとっては
描く必要がない。見たことないものが見たくて描いてるわけですもの。
だからレールを決めずにとにかく列車を野に放つ。
いや実際レールないと列車は走らないので、
なんとなく野にできていた溝をとりあえずのレールとして
走ってみましょうか。途切れたらそこで考えますか。
というような・・・?

そんなわけで、時間はあるので映画をいろいろ見たり。
『ウォンテッド』ってこんな映画なのか。
極度の集中で体内の鼓動が何百倍にもなる感覚って、
普段の身体感覚の延長線上で、オリンピックの
100m走のスタートの瞬間とか、
(まさに似たようなシーンもあるし)
あの「アドレナリングシャグシャ」状態は
見ていて気持ちがいいしすっと入っていける設定。
スカッとドビャッと気持ちすっ飛ばす映画です。

『マッチポイント』は気になりつつ今まで見なかったのは
きっと浮気がテーマで、なんとなく身に覚えはないのに
見ていて後ろめたさに気持ちが引き裂かれるのが
わかっていて敬遠していたのか。
ドストエフスキーの罪と罰が底流にありつつの
世の人生のマッチポイント、
あのどっちにも転びそうな一瞬の恍惚。
ぼくは好きな映画です。

てか嫌いな映画って基本ないんだな。
原点は大したことじゃないのです
2009年 01月 06日 (火) 01:37 | 編集
自分はなぜこの仕事を選んだんだろう、
というのは、しょっちゅう考えることの一つで、
結論としては、小さいころから自分の
関心が変わっていないのだなというところに行き着く。

恥ずかしいことをこらえて言えば、
目立ちたくないのに目立ちたがり屋であるということで、
表立って目立つことはすごく恥ずかしいくせに、
自分が関わった「対象」が、
例えば自分がこそこそ隅の方でノートの端っこに描いた絵が、
徹夜で作ったポスターが、
賛美されることがたまらなくうれしい、
という単純なこと。

作っているときはそれをはっきり自覚していなくとも、
それを外に向けて初めて見せるときの感覚は、
何にもまして自分の生きる原動力になっている気がする。

こんな単純な動機でデザインやってることが、
またまた恥をしのんで言えば、僕の小さな自慢でもある。



話は変わって、
会社の勤務時間が昨日から9時30分出社になり、
久しぶりに夜9時代の平日の地下鉄で帰る。
家に帰ってすることは結局同じで、
今日は『魍魎の匣』を観た。

原作を読んでいるので筋はわかっているわけで、
こまかいキャラクターの設定にはやっぱり
読者それぞれの思い入れがあって素直に良いとは言えないけど、
前作の『姑獲鳥の夏』より全然面白い作品だと思った。

強いて言えば、
匣に取り付かれた久保(工藤勘九郎)の
なんとも言えないどんづまりの物悲しさというか、
どうしょうもない悲しさに、
僕はあの小説の魅力を感じていたので
そこが。。。個人的には物足りなかったかなぁ。

でも、相当グロい絵になるのは目に見えているところを、
ただのホラーミステリーにせずに、
映画としてちゃんと面白く作っている作品として、
僕は好きです。また観るかはわかんないけど。
小説はまた読みたくなったね。
『鉄鼠の檻』止まりで友達にもかりっぱなので、
また再開せねば。


魍魎の匣 スタンダード・エディション [DVD]魍魎の匣 スタンダード・エディション [DVD]
(2008/06/25)
谷村美月柄本明

商品詳細を見る
映08】『ティム・バートンのコープスブライド』
2007年 07月 15日 (日) 03:33 | 編集
CorpseBride.gif



『ティム・バートンのコープスブライド』
 Tim Burton's Corpse Bride
 2005

 監督:マイク・ジョンソン
 監督・制作:ティム・バートン

copyright (C) majime - note all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。