majime - note
青松 基のブログ。デザイン・アート・日常のことなどとりとめなく書き綴っています。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジョン・ワーウィッカー トークショウにいって
2009年 11月 04日 (水) 03:04 | 編集
20091104
≫ "ジョン・ワーウィッカー トークショウにいって" の続きを読む...
スポンサーサイト
sakubun = コンポジション
2008年 09月 19日 (金) 02:48 | 編集
夏休みの間に作っていたちょっとした本のタイトルを、
「作文」にした。さっき、フォトログの方にもアップロードしようと思ったら
フォルダの名前が英文じゃないとだめで、goo辞書で「作文」を
調べてみたら、「composition」と出てちょっと感動した。
言葉のコンポジション、カタカナ英語にすると「配置」的なニュアンスが
強くなるのだけど、なんだかこの本の意味がこれでストンと落ち着いた気がする。


最近、というか仕事はじめてからずっとか。




水平垂直の気持ちよさは、慎重に選ばないと、
ただ気持ちよくなるだけで、画面が固くなって、
コミュニケーションすら不成立しかねないことに
なってしまうことが起こりかねない。

しかも、作っている本人も、周りの大多数の人間も、
「そろっている」ということに安心してしまって、
「そのコンポジションの素直な有り様」に
目を向けられなくなってしまう。

「どこかに揃えたい」という欲求は、
デザイナーからすれば真っ当な気もするが、
本来、どこかに揃えるということの
コンポジションの内包している意味をきちんと心得ていないと、
うわべが整っているだけのデザインに陥ってしまう。
部屋を片付けられない人が、とりあえず押し入れに
散らかっているものを全て詰め込んで戸を閉めて、
「よし、片付いた」と思うのと似ている。

なぜ左に、右に、中央に、「そこ」揃えるのか、
様式美とか以前に、その文章の、意味のあり方に、
常に気をつけていたいということ。





日本語だからこそ陥りやすいことなのかもしれない。
うむう。
こういう素朴なことだからこそブログで書くことなんだろうなぁ。

あ、早く『欧文書体 2』買わねば。
しっくりくるを形にする
2008年 05月 02日 (金) 21:53 | 編集
しばらく書いてなかったので
久しぶりに思いつくままに書いてみます。


「美しく、しっくりくる本のデザインとは?」

チヒョルトの見いだした紙面設計の基本的プロポーションの法則は、
確かに美しくて合理的であり、かなりの説得力を持って僕に迫ってくる。
しかし、チヒョルトが理想とし、
分析していた時代の書物とその周辺の環境は、
現代とはまるで違うことを考慮すると、
必ずしもこのプロポーションが現代に通じるものであるかは、
正直疑問が残ると言わざるを得ない。

読書の姿勢だけをとっても、
現代人の読書スタイルは、当時とは比べ物にならないくらい多様化している。
良いか悪いかは別として、書物はもはやかならずしも
書見台の上でなされるものではなく、ベッドの上から電車の中、
公園のベンチ、様々なシーンに合わせて版型も様々である。
サイズやシーンによって、それぞれのマージンの意味合いも変わってくる。
単なる美的要素としてでなく、
どのように本が持たれるのかを考慮する必要があり、
時にはそちらの方が比重が高くなることさえある。
limArtにいってきた
2008年 04月 02日 (水) 01:42 | 編集
日曜日、恵比寿の古本屋limArtにいってきた。
http://www.limart.net/index.html?param1=1

初めてで地図も持ってこずに行ったので散々歩き、
やっと着いたのはギャラリーの方。
(limArt Annexっていうギャラリーも近くに開いてる)
そこでドビュッシーのアナログテープを
平面に綺麗に貼付けた作品群を制作する作家の個展を
見て、感想を話しながらまたうろちょろ。
ギャラリーのお兄さんの説明が微妙に間違っていて、
結局またぐるぐる10分くらい歩いてやっと
お目当ての古本屋に。

『思考の補助線』を読んで
2008年 03月 26日 (水) 00:59 | 編集
話が突然始まってしまうので前置き。
最近僕の中でのトピックとして、

 ◉カメレオン・プロジェクト・コロキウム07
 ◉茂木健一郎著『思考の補助線』

があって、以下、その辺がぐるぐると頭の中を回りながら書いたテキスト。
copyright (C) majime - note all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。